-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-26 22:11 | カテゴリ:その他
うちにはは残念ながら来ませんでした。
その傷心を癒すために(笑)、今日は久美浜まで
カニを食べに行って来ました。
日帰り温泉です

温泉は久美浜温泉だったのですが、
知り合いのお子さんが受験生なので
温泉に直行せずに少し寄り道をして、
天橋立の文殊堂に寄って合格祈願のお守りと
鉛筆を買うことにしました。
(『三人寄れば文殊の知恵』の文殊堂です。)

で出発して3時間ほどで到着。
まだ朝早かったのと、平日ということもあり、
お参りに訪れている人はほとんどいませんでした。
monjyu.jpg

↑人が見当たらない文殊堂

お守りも鉛筆もGetしたので、早々に文殊堂を後にして
久美浜に向かいました。
国道をえっちらおっちら1時間ほど走って目的の久美浜温泉
碧翠御苑に到着。
もうすぐお正月という事もあり門松が飾ってありました。
hekisui.jpg



ここ碧翠御苑は1万坪の敷地に14室の数奇屋造りの客室だけという
贅沢な作りがウリになってます。

日帰りプランは11時半~で食事を先にという予約でしたが、
11時には到着したので旅館の方に先に温泉に入れるか尋ねると
「お入りいただけますよ」ということだったので、
到着早々温泉に直行しました。

平日の昼ということもあり、大浴場も露天風呂も貸切でした!
なんと贅沢な
露天風呂はすぐ目の前が久美浜湾になっていて静かなさざ波が
たっていました。

お風呂を済ませた後、お部屋に案内されていよいよメインイベントの
カニ三昧です~!!

先付~デザートまでで全10品。
朝ごはんを抜いてくるという暴挙にでていたので、
いきなりがっついてしまいました(笑)

まず先付の季節の小鉢とお造里はカニ刺しと他3種。
saki.jpg

季節の小鉢はカニ味噌の豆腐やふぐの皮の湯引きなど
ちょこちょこっとつまめるお酒のアテという感じでした。
もちろんとても美味しかったのですが、私はドライバー役だったので、
お酒は残念ながら飲めませんでした

そして酢の物として茹でかに、焼き物の焼きがにと甲羅みそが
立て続けに運ばれてきました。
yude.jpg

↑茹でかに。左の爪についている青いタグは兵庫県津居山港で
とれた松葉がにであることを証明するタグです。
tsuiyamatag.jpg


焼きかに↓もおいしいのですが、私としては茹でかにの方が好みかなぁ。
yaki.jpg

甲羅みそ↓はかなり濃厚でめちゃめちゃ美味しかったです。
miso.jpg

これは後で日本酒なんか入れちゃうとさらに美味しくなるでしょうねぇ・・・。

この辺でかなりお腹がいっぱいになってきたのですが、
まだまだ料理は運ばれてきます。

次は鍋物の蟹すき↓。
kanisuki.jpg

足の部分はしゃぶしゃぶにしていただきました。

そして揚げ物の蟹天婦羅と蒸し物の茶碗蒸し。
この蟹天麩羅はかなりのヒット。
tempura.jpg

海老天麩羅とはやっぱりワケが違いますねぇ~。

茶碗蒸しは蟹が入ってるわけでは
なかったですが、食休め的に美味しくいただきました。
chawannmushi.jpg


まだ続きがあって、次は御飯のかに雑炊と香の物として
久美浜野菜のお漬物だったのですが、ここで限界。
もう食べられないよ~と雑炊は残念ながら断念。
十分蟹は堪能したので雑炊と香の物はスキップしてもらい、
デザートをいただきました。

アイスクリームのゴマソース掛け。
デザートは別腹ということで、これはきれいに平らげました(笑)
(写真撮り忘れました・・・)


ホントに十二分に蟹を堪能することができました。
もう来年の12月まで蟹は食べなくてもいいかな~(笑)

泊りがけはワンコがいる以上無理なので日帰り温泉となりましたが、
日帰りでも十分楽しめました。
食事の後、もう一度温泉に入りましたが、旅館の方のご好意で
本来は午後2時までしかお部屋を使えないのですが、
使わせていただいた部屋は今日の宿泊客がいないということで
ゆっくりお使いくださいと3時過ぎくらいまでのんびりできました。

なかなか日帰り温泉もあなどれませんなぁ。


今日行った碧翠御苑のホームページは
コチラ↓です。
http://www.hekisui.jp/top.htm


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://atelierflawrence.blog59.fc2.com/tb.php/222-a56cf36b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。