2009-05-01 20:38 | カテゴリ:日常生活
昨日の続き。


祖父母の家を後にし、ちょうどお昼時だったので近くの
山菜・川魚料理旅館「長寿庵」でお昼ご飯を食べることにしました。

この長寿庵は加能八景の1つでもある荒俣峡にあります。
秋には川面から山の頂上まで紅葉・黄葉し、その景観はまるで
錦絵の様に見事です。また、遊歩道があり、そこを散策するのも
なかなか風流です。

この日は残念ながら川の上流で工事をしているらしく、
川の水がにごっていたのですが、ふだんはもっと澄んでいて
とてもきれいな水です。

荒俣峡↓(もみじの季節じゃなくてごめんねー)
aramata.jpg

私が子供の頃、夏休みになると親戚中が祖父母の家に
集まったのですが、子供達は花火などの遊びを楽しんで、
親達はこの長寿庵で食事会をやっていた場所です。
大学生になって1~2回、祖父に連れて行ってもらったのですが、
とても料理がおいしかったことを覚えています。


今回も期待を込めて行きましたが、昔と変わらず本当に
おいしい料理がいただけました。


まずは蕨とぜんまい。
sansai1.jpg

とても素朴ですがめちゃめちゃおいしいです。
蕨はポン酢、ぜんまいは甘く炊いてあります。

次に岩魚のお刺身とカンゾウ、センナの和え物↓。
sansai2.jpg

センナとはわさびの葉っぱの部分です。わさび同様
ちょっとピリッと辛いのですが、それがまた格別。
お店を切り盛りしているおばさんに聞くと、
「ついさっき山に行って採ってきた」そうです。
私の祖母も山に行ってはぜんまいを採ってきてくれて、
いつも甘く炊いてくれました。おいしかったなぁ~。


そしていよいよメインディッシュ。
鮎の塩焼きです。
この鮎は去年の秋獲りのものなので、初夏に食べる鮎と
違い、卵がいっぱい詰まっていて、普段ではめったに食べられません。
あまりにおいしそうだったのでついつい手が出てしまい、
半分くらい食べてしまってから写真を撮るのを忘れてることに
気づきました(笑)ごめーん。

ayushioyaki.jpg

長寿庵では川魚を焼く時は囲炉裏でじっくり焼いてくれます。
時間は多少かかりますが、とってもおいしいんですよ~。
irori.jpg


塩焼きを堪能した後、今度は岩魚の唐揚げ。
お塩でいただきます。
残すところなんてありません。
頭から尻尾の先まで全部食べられます。
骨もとっても柔らかくて絶品です。
iwana.jpg

いよいよ締めのご飯。
ご飯とたけのことわかめのお吸い物に、香の物、
そして山菜の天麩羅です。

天麩羅は、コシアブラとコゴミ、そしてタラノメです。
サクッとしてておいしかったです。

sansai3.jpg

以前、ミョウガの胡麻和えを頂いた時は、そのおいしさに
とても感動したのですが、今回はまだミョウガは時期が早く
ありませんでした。ちょっと残念。


本当に素朴ですがとてもおいしい料理で大満足でした。
また是非行きたいです。


お腹も満腹になり、そろそろ帰路につかないと
ワンコや義母の晩ご飯の時間に間に合わなくなってしまいます。
でも主人は初めて石川に来たので、せっかくなので
最後に安宅の関に立ち寄ることにしました。
ここも私が子供の頃、祖父がいつも連れて行ってくれて、
勧進帳の話を聞かせてくれた場所です。

入口↓
ataka.jpg

実際の関所跡↓
ataka2.jpg



私が子供の頃はホントに関所跡や像があるだけで
何もなかったのですが、勧進帳ものがたり館などというものが
出来ていたので入ってみることにしました。


券売機で入場券(大人300円)を買うと、その奥の事務所にいた
おばさんが急ぎ足で事務所を出ていきました。
私達が「北前舟」の模型なんぞを見ながらブラブラ歩いて
ものがたり館に着くと、さっきのおばさんが「もぎり」として
入口に待ち構えていました(笑)
何でもおばさんがこなしてるのね~。
ご丁寧に記念撮影ゾーンでは、おばさんがカメラのシャッターまで
押してくれました(笑)
貸切状態で他の観覧客はいなかったので、じっくりゆっくり
見ることができました(いいことなんだろうか?笑)。
勧進帳の話のパネルや歌舞伎の勧進帳の名場面や、
伝統芸能についての短いフィルム上映もありました。
十分堪能して安宅の関を後にしました。


北陸道に入り、帰りもSAにまたまたお立ち寄りです(笑)。
だって上りと下りは違うんだもん。

まず女形谷SA。絶対買おうと思っていた焼き鯖寿司です。
昨日帰ってきてから晩御飯に食べましたが、これは
めちゃめちゃおいしかったです。
絶対買ってよかった。そこらのスーパーの鯖寿司なんて
食べられませんよ、これ食べたら。


そして次に北鯖江SA
ここでは羽二重餅を買いました。


お土産もたくさん買ったので、この北鯖江を最後にSAめぐりは終了しました。
帰りは6時前後の時間帯だったので、少し名神高速が混みましたが
何事もなく順調に自宅に到着しました。


日帰りという強行軍ではあったけれど、
懐かしく、そしてとてもおいしく楽しい1日でした!
また絶対行くぞ!








スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://atelierflawrence.blog59.fc2.com/tb.php/315-f2679e93