2013-11-23 20:22 | カテゴリ:ドールハウス
今日は朝から来客があってドタバタでした。
なんか毎日忙しいです。
でも、夜はあまり眠れないので疲れがとれず
少し頭がぼーっとしとります。
あ、ぼーっとしてるのはいつもか(笑)


そして…小物作り、悩んでばかりでまだ進んでいません。

ま、基本的に私の場合は既製品を飾ることに
何の抵抗もないのでガラス系の物やなんかは
結構そのまま飾ったりします。

中にはなんでもかんでも手作りでないと
嫌だという人や、またリアルに感じられるもの
じゃないとドールハウスじゃないという人も
いますが、私の場合「作ってて楽しけりゃいいじゃん」という
考え方なので、ヘタッぴだろうが現実味がなかろうが気にしません。
ただ、「納得のいくもの」は作るように心がけています。

もちろん販売するのであれば、当然それなりの
レベルは要求されると思いますが、自分で作って
飾ってる分には「そんなのカンケーねぇ~」です。


で、今回も小物に関してとりあえず材料をいろいろ
しまってある引き出しをゴソゴソ見直して
在庫確認~。ビン類はたくさんあったので、
まぁ、蓋やら周りのラベルやらそういったものを
チマチマ作ればそれなりに飾れるものになりそうだし、
あと籠類ですね、ドライフラワーなんか入れちゃって
飾る、よくあるよねぇ。
でも断然足りませんね。在庫だけじゃ。
買い足すものも出てくるかなぁ~。


そして、メインの刺繍小物。
ベルプル、クッション、ラグ、額などなど
色々考え付くものはたくさんありますが、
どういう方向性で刺すか。


家具が全部暗めの色なのでしっくりくるような
クラシック系の図案にするか…
はたまた家具が暗めなので、明るい図案で可愛らしく
するか…

クラシック系はこんな感じ↓
classic.jpg


可愛い系はこんな感じ↓
pretty.jpg


刺すのは断然クラシック系の方がサクサク
刺せるよなぁ。難しくないし、ともすれば
一色刺しも有りだし。
でもクラシックな柄って、どんなドールハウスの中でも
見かけるよなぁと思うと、斬新な誰も刺してないような
柄で可愛く仕上げる…という挑戦的な気持ちも
沸々とわいてきたりもします。

クラシック系の柄なら自分でも図案は
作れますが、可愛い系だと全部既製の図案かなぁ。
それはそれで楽だけど。ただ、既製図案の場合
大きさをまとめるのが大変です。図案の目数が
決まっているので思うような大きさに仕上がらない場合が
多々あるし。そういう時は一部だけ刺すとかに
なっちゃうけど。

どっちも一長一短なんだなぁ。


あと、柄もそうだけど、どの布と糸で刺すか。
それも問題。今刺してる方法でいいのか、
また新しい方法をあみださないと
いけないかもしれん~。

うーん、悩む。
スポンサーサイト
秘密