2014-03-19 13:03 | カテゴリ:日常生活
恐れていた事態に陥ってしまったFlawrenceです、ども。

なるよなー、このままだとなーと思っていたことが
起こってしまいました。

作業する際、横座りしてばかりいたのですが、
案の定腰痛を再発しました。
わかっていたならなんでするんだ・・・。


激痛で、にっちもさっちもいかなくなったので
いつも見てもらっているカイロプラクティックの
先生の所へ・・・。


ここの先生はプロ野球のトレーナーなんかもしていて
本当に腕がいいんです。
初めて腰痛で行った時も一発で治してもらったし、
左腕が上がらなくなった時もきちんと治してもらいました。

私にとっては体調不良の最後の砦です(笑)。

診察ベッドに横たわって、足の長さの違いや
関節の硬さなどをほんの少し見ただけで
「完全に運動不足。歩いてないやろ」と
見抜かれました。
引きこもりの上、一日中刺繍してるので
一日1000歩も歩いてない・・・。

一応背骨の矯正もガッツリしてもらいましたが
「腰椎はなんともないよ。えーっと、ここ痛くない?」
と尋ねられて左のお尻側を押されると激痛~。

「めっちゃ痛いです・・・」
「やっぱりなー。腰じゃなくて、股関節のせいだね~。
こっち来てくれる?」と、トレーニングルームに連れていかれました。

「これに乗ってまっすぐ立ってみて」
と言われたのはステップのような台。つま先が上になるような角度が
ついた台でした。乗ってみるとふらついてまっすぐ立てません・・・。
先生が私のお尻を押さえて支えてくれてなんとか立てる状態・・・。

「えー?この角度でダメ?・・・70代の筋肉やで・・・。かなりヤバいな。」

ガビーン・・・

「ふくらはぎ、太ももと筋肉が衰えてるから、腰にきたんだよ。徐々に
上に上がってくるねん衰えって。とにかく筋肉が硬直し過ぎてるから
柔軟性を復活させないとダメだよー。」

ということでその後はひたすらストレッチと
ゴムの反発を利用した運動でした。

自分でも驚いたのは、普通に椅子に座って、
足をあげる(太ももからの足上げ)だけなのに、
明らかに左足(今回痛かったのは腰の左側)が
思うように上がらない・・・。もちろん腰痛の
痛さもありますが、それ以上に太ももの筋肉が
衰えているのがまじまじとわかりました。


「とにかく動かなすぎ。歩く、ストレッチをする
股関節を柔らかくする。これで腰痛治るから。
腰の骨じゃなくて股関節から来てる痛みだから。まぁ、
あと1回来院して、そうしたら治るわ。」と言われました。

確かに運動した後は、動きもスムーズになり、痛みも
少し和らぎました。

腰痛というと、絶対安静と考えがちですが、
原因がどこにあるかでかえって悪化するみたいです。
私の場合は真逆で「動かないとダメ」と言われました。
「動いたら痛みも取れていくから」ということ
だったので、ストレッチしたり股関節緩める
運動したりしてます。ずいぶんマシになってきましたが
まだ痛みはあります。


足を開脚して座って前屈したら、自分が嫌になりました
以前はなんなく前屈できたのに、今日やってみたら
全く前に曲がらない。体硬いのにも程があるやろっ!と
自分で自分に突っ込んでしまいました。

刺繍もしつつ、ストレッチもしつつ、
なんとか股関節をほぐして、筋肉つけなきゃなー。

運動不足、甘く見てたらマジで歩けなくなるぞー。
若いと思っているのは気のせい(笑)

スポンサーサイト
秘密